加入条件を満たしていれば、社会保険加入が可能なテンプスタッフ

派遣社員は、正社員と違って立場の保障がなされていないと思っている人も多いかもしれません。しかし就業条件が社会保険の基準をクリアしているのであれば、派遣スタッフであっても社会保険が受けられます。

 

派遣会社大手のテンプスタッフでも、社会保険は条件を満たしたスタッフであれば加入できると自社のホームページでも明記しています。では社会保険に加入するためには、どのような就業条件をクリアする必要があるのでしょうか?

 

社会保険には3種類あって、健康保険と厚生年金、雇用保険とがあります。健康保険と厚生年金は、1週間の所定労働時間が30時間以上もしくは雇用元の正社員の3/4以上の労働時間を有している人がまず条件となります。

 

その上で、2か月を超える雇用契約を結んでいる場合には、健康保険と厚生年金に加入が可能です。雇用保険に関しては、少し条件が甘めに設定されています。1週間の所定労働時間が20時間以上で、31日以上の期間で雇用が見込まれるケースであれば加入が可能です。

 

もしテンプスタッフから紹介された派遣の案件が、上の社会保険の基準を満たしているのであれば個別に加入手続きをして、初めて社会保険による保障が受けられます。申請手続きには、年金手帳や雇用保険被保険者証などの必要書類も一緒に提出しないといけないので、あらかじめ問い合わせをして確認しておきましょう。

 

テンプグループでは、はけんけんぽと呼ばれる健康保険組合を有しています。上の条件を満たしたのであれば、派遣スタッフははけんけんぽに加入して、いざ病気やけがにより病院で治療することになった場合、こちらの健康組合の負担を受けることになります。

公式サイト画像


pic3

矢印


公式サイトボタン