テンプスタッフにおける離職票の取り扱いはどのようになっているか?

会社を退職するときには、いろいろな手続きを消化する必要があります。その中でも会社を離職するときに必ず受け取っておくものとして、離職票があります。離職票とは、以前仕事をしていた会社が雇用をしていたことの証明するための書類です。たとえば雇用保険に基づく失業手当を受け取るときなどにも必要ですし、転職して次の職場で仕事をする場合にも離職票は必要になります。

 

会社の事業主が退職すると、被保険者の資格がなくなります。この喪失した日の翌日から10日以内に資格喪失届をハローワークに対して提出しないといけません。そうするとハローワークの責任者が離職者に対して離職票の交付を行うという流れになります。ですから事業主が資格喪失届を出さない限り、会社を辞めても離職届は受け取ることができないわけです。

 

テンプスタッフは派遣会社です。派遣スタッフとして仕事をしているけれども、契約が終了して更新しないとします。この場合、事実上の退職となるわけですが、離職票を手に入れることはできるのでしょうか?

 

結論から言いますと、きちんとした手続きを取れば、離職票の交付は行われます。「(雇用保険・健康保険・厚生年金)資格喪失届」の離職票発行希望蘭というボックスが用意されているはずです。ここにチェックを入れて提出すれば、発行されるはずです。

 

最後に支払われる給与計算が終了した後に、離職届の発行手続きを行ってくれます。ただしテンプスタッフからの離職届が手に入るまでには多少時間がかかってしまうことも理解しておきましょう。地域などで少し差が出るかもしれませんが、一般的には20日前後発行までに時間がかかると思っておきましょう。

公式サイト画像


pic3

矢印


公式サイトボタン