一定の条件を持たせば年次有給休暇制度のあるテンプスタッフ

派遣で仕事をする人の中で、テンプスタッフを利用するという人は多いです。その理由の中の一つに、福利厚生がしっかりしていることを挙げる人は多いです。このため、安心して仕事に集中できます。テンプスタッフの福利厚生はいろいろとあるますが、その中の一つに年次有休休暇制度があります。有休を使ってしっかりと肉体的にも精神的にもリフレッシュするのも時には必要です。

 

就業開始してから6か月以上にわたって継続して勤務をした登録スタッフが対象で、6か月を超えた時点で有休の対象になります。それ以降は、勤務年数が1年増えるごとに有休が付与されるシステムをとっています。ちなみに有休には有効期限があって、2年間で消化しないと失効してしまいます。また連続してタイムシート2期分、すなわち1か月間契約のない時期が連続して存在すると有給休暇の資格が失われてしまうので注意してください。

 

有休の申請手続きですが、テンプスタッフの就業期間が対象です。スタッフとして登録していても就業していない期間はカウントされません。申請をする時には、テンプスタッフの担当者に連絡することです。取得予定日の2日前までに手続きをしないと間に合わなくなります。

 

皆さんが有休をとることで派遣先の業務に支障が生じないことを確認するために、どうしても多少時間がかかってしまうからです。申請をする時に契約上の就労日以外に行っても、受理されないので注意してください。

 

現在日本では裁判員制度が導入されています。場合によっては裁判員に選ばれて、裁判に出るために仕事を休まないといけないケースもあるでしょう。その場合には、申請を行うと該当日に関して特別有給休暇が適用されます。

公式サイト画像


pic3

矢印


公式サイトボタン