30代になるとテンプスタッフに登録していても派遣先が見つからない?

30代に差し掛かってくると、派遣の仕事を続けるのはつらいという話がインターネットを中心に度々紹介されています。確かに体力的な問題があって、20代と30代のスタッフが候補に残った場合、バリバリ仕事のやってくれそうな若い人の方を企業も欲しがる傾向があるのは事実です。

 

中には35歳以上になってしまうと、なかなか派遣の仕事が決まりにくくなるという話も紹介されています。確かに30代でも後半以降になると、若い人と比較すると難しくなると思っておいた方がよさそうです。

 

若さや体力では20代に負けるとしても、そのほかの所で勝っているのであれば、採用してくれる企業もあるかもしれません。30代以降が派遣の仕事をするのであれば、自分の今までのキャリアを生かした仕事を探すことです。実務経験を豊富に持っている人であれば、即戦力として使えるのではないかと派遣先も判断して、採用してくれる可能性は高いです。

 

特にIT関係の業界を見てみると、慢性的に人材不足の状況に陥っているといわれます。ですからIT畑で仕事を続けてきた人に対する需要は、30代中盤から後半でも派遣の世界ではそれなりに高いと思ってもらっていいでしょう。このように自分の今までのキャリアを見て、派遣先を探すことです。

 

またできるだけ多くの選択肢のある派遣会社に登録しましょう。そうすれば、あるところは断られてもほかの所が出てくる可能性も高まるからです。テンプスタッフは、常時1万件程度の求人情報を抱えています。

 

これだけの選択肢があれば、30代以降でもどこか派遣先が見つかる可能性も高いです。テンプスタッフに登録して派遣先を探すのは良いですが、異業種にチャレンジするとなると経験のなさがネックになって、なかなか見つかりにくくなるので注意が必要です。

公式サイト画像


pic3

矢印


公式サイトボタン